2017-01-23

【坐骨神経痛に鍼灸が効く】

鍼灸 坐骨神経痛

鍼灸ニュースの宮﨑です。

坐骨神経痛とは腰から下にかけて伸びている坐骨神経が圧迫や刺激を受けて痛みを生じることです。

その原因も人によって異なります。

例えば腰に大きな負担をかけてしまったために椎間板が変形し、それが神経を刺激するため腰痛や痺れを生じる方もいれば、加齢により神経が存在する脊柱管が圧迫され、それが神経を刺激することにより痛みを生じている場合もあります。

そして痛みや症状も人によって異なります。

足だけに痛みを生じる場合や、腰にまで痛みを生じる場合、そして動かすと痛みがひどくなる場合や、横になっていても痛みが続く場合などがあります。

そして程度もひどい痛みを生じる場合もあれば、痺れが続くような場合もあります。
そのため、治療法も症状の程度に合わせて様々です。

しかし、多くの場合、外科的施術はせずに薬物療養にて症状の緩和をします。

痛みをブロックする神経ブロック療法やマッサージなどにより症状を緩和するリハビリ療法もあります。

しかし、何を行なっても症状の改善が見られなかったり、内臓にまで障害が現れ始めた場合は外科的施術をすることになる可能性もあります。

このように坐骨神経痛とは、一言にいってもその痛みや症状は人によって異なります。

そのため痛みや痺れが続くようなら、一度診察してもらうことをおすすめします。

ただの腰痛と思っていても、それはもしかしたら坐骨神経痛かもしれません。

〜〜〜〜〜
坐骨神経痛の患者を2つのグループに分け、研究を行いました。

グループ1:鍼灸の治療のみ
グループ2:鍼灸の治療に漢方薬を追加する

治療を始めてから3日目、10日目、22日目に痛みと炎症の度合いを計測しました。

結果はグループ1の効果率が81.6%、グループ2の効果率は95%となりました。
鍼灸だけでも高い効果を発揮しますが、漢方薬と合わせることでさらなる効果が期待できることがわかりました。

〜〜〜〜〜
引用:Health CMI 2015年10月8日
http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1535-acupuncture-relieves-sciatica-reduces-inflammation
ーーーーー

この研究で使われたツボ
Zhibian, BL54:秩辺
Chengfu, BL36:承扶
Huantiao, GB30:環跳
Fengshi, GB31:風市
Weizhong, BL40:委中
Dachangshu, BL25:大腸俞
Chengshan, BL57:承山
Yaoyangguan, DU3:腰陽關
Ashi:阿是穴

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード