2017-01-27

【てんかんに鍼灸が効果的】

鍼灸 てんかん

鍼灸ニュースの宮﨑です。

てんかんに鍼灸が効果があると言うドイツの研究をご紹介します。
てんかんとは「てんかん発作」を繰り返す慢性の脳疾患です。
年齢、性別、人種の関係なく発病し、ときには慢性的に繰り返す病気です。

いたって健康な人でもてんかんを引き起こす可能性があり、年齢、性別、人種は限定されません。

突然意識を失って反応がなくなったり、痙攣が起きたり、急に動きが止まったりといった症状が繰り返し起こります。
人の脳は電気信号を送りあうことで、たくさんの情報を絶えず処理しています。

「痛い」とか「おいしい」といった感覚を得たり、体の各部位に動くよう命令を与えることもできます。

この電気信号が何かしらのきっかけでコントロールを失いと、体のある部位がけいれんしたり、ときには気を失います。

ニュースで話題になった、てんかんが原因とみられる死亡事故を起こした方は、意識を失う全般てんかんに該当します。

一方部位性のてんかんは、電気信号以外が原因のけいれんと間違いやすいので、医者による診断が必要です。

てんかんを引き起こしやすいのは、10最以下の子供、60歳以上の高齢者です。それ以外の年代でも十分に発生する可能性があります。

小さな子供なら、テレビやゲームなどの強い光がてんかん発作の原因となることがあるため、画面から離れるとか、暗いところで見ないといった注意をさせましょう。

てんかんの原因は未だに不明な部分が多く、現在もなお医療関係者によって研究が続けられています。

〜〜〜〜〜
てんかんとは神経的な疾患で、脳の神経部分の異常な活動が原因で起こるとされています。
これは小さい子供や65歳以上のお年寄りに多いですが、他の年齢層にも起こりうる疾患です。
薬で治療することは非常に難しいとされています。

ドイツでは、約100名のてんかん患者を対象にてんかんに鍼灸がどのような効果があるかを調査する研究が行われました。
この研究では18ヶ月に渡って鍼灸の治療が行われました。
研究の期間中は投薬治療は中止されましたが、65%の患者に改善が見られると言う結果となりました。

〜〜〜〜〜
引用:Pacific College 2014年12月25日
http://www.pacificcollege.edu/news/blog/2014/12/25/tcm-epilepsy-and-seizure-disorders?mailaddress=true

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード