2016-04-03

CNNが鍼灸が乳ガン患者の痛みが軽減すると放映

乳がん 鍼灸今回は、「鍼灸と乳ガン」というタイトルで
CNNが2014年3月18日に
放映したニュースをご紹介します。

このニュースでは
乳ガンの痛みや治療に伴う副作用に
鍼灸が効果的だという研究が
レポートされています。

現在日本女性の、癌の発生率は、
乳がんが最も多いとされています。

50年前の日本は
50人に1人の確率と言われていましたが、
ここ最近では
14人に1人が発症すると言われてきています。

乳がんが発症する人数だけでなく、
乳がんの死亡率も年々、増加傾向にあります。

年齢別にみてみると、
30代後半から増え始め、
40代~50代ではさらに増えてきます。

以前は閉経前に多い病気とされていましたが、
今では、閉経後にも多い病気となりました。

癌に対しての治療として、
抗がん剤を服用されることが多いかと思います。

鍼灸がガンに効果的だ、という文献は
見たことがないのですが
抗がん剤の副作用にともなう症状に
鍼灸が効果的だ
という記事は見かけます。

抗がん剤を飲み始めると、
副作用として、
吐き気、嘔吐、などから始まり、
・下痢や便秘
・脱毛
・関節痛
・味覚の変化
・出血しやすくなる
・関節痛

今回のCNNの報道は

そういった副作用に対して実際の鍼灸による効果について
患者、医師の両方の視点から報道されていることが興味深いですね。

患者のティティ・アリヨさんは
「関節の痛みがひどく、膝や足首、などとにかく体全体とにかく痛かったの」
「鍼灸を受けた後は、痛みがすごく少なくなってよく眠れるようになったわ」

映像の中でそんな風に話しています。

また、ガン専門医であるDr. Ting Bao氏は
「今回の実験では、鍼灸が最小限のの副作用で、筋骨格の症状やホットフラッシュに対して劇的な改善が認められるという明確な結果が出ています」

そう話しているようです。

日本でも2人に1人はガンになる、と言われていますが
ガン治療というのは長期間に渡り
患者も家族も消耗していきます。

そんな中で、鍼灸がその負担を少しでも軽減できればいいですね。

引用:CNN
http://edition.cnn.com/videos/health/2014/03/18/exp-hm-acupuncture-breast-cancer.cnn

今回は動画でのニュースです。

※当サイトは海外の鍼灸に関するニュース記事、研究レポート等を引用していますが、鍼灸等の効果効能を保証する、というものではありません。

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード