2016-11-03

耳鳴りには鍼灸と漢方が効果があるというレポート

耳を押さえる女性
以前にも
耳鳴りに関する研究を
ご紹介しましたが、

今回は
耳鳴りに鍼灸と漢方の

組み合わせが効果がある
という記事をご紹介します。

人口の約10~20%の割合で
耳鳴りを感じていると
言われています。

原因としては、
内耳や中耳、
三半規管に問題が
あるとされています。

しかし、
これらに原因がない場合の
ほとんどは

ストレスによるものが
多いようです

このストレスが原因になるというのは、

ストレスによって、
自律神経の働きが
乱れてしまうからです。

自律神経とは、
「交感神経」
「副交感神経」に分類されます。

交感神経は
主に活動時に働くもので、

現代人は
この交感神経が
過剰優位と言われています。

交感神経が優位な状態が続くと
・血圧の上昇
・血流の増加

このような状態を招き、
・耳なり
・頭痛
・肩こり
・のぼせ

などの症状が
現れるようになります。

今回は難治性の
耳鳴りの患者さんに対する
治療が行われたという研究です。
〜〜〜〜〜
難治性耳鳴の患者100名を対象に研究を行いました。

患者は2つのグループにランダムに分けられました。
グループ1:漢方の処方をうける

グループ2:漢方の処方に加え、鍼灸の治療を受ける

6日連続で鍼灸を受け1日休むというスケジュールを周期とし、合計で3周期の治療を行いました。

効果率は以下のようになりました。

グループ1:68%

グループ2:88%

以上のことから、
耳鳴りには鍼灸と漢方の組み合わせが効果的だということが示されました。

〜〜〜〜〜
今回の研究も、
鍼灸と漢方の組み合わせによる
治療が行われています。

このような
組み合わせによる治療が、

ここ最近様々な症状に
効果を上げていることが
分かります。

今後の治療にも、
西洋的な考えだけでなく、

東洋的な考えが
取り入れられて、

鍼灸で一人でも
多くの患者さんの

耳鳴りの症状が
緩和することを願っています。
引用:Health CMI 2016年9月20日
http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1681-master-tung-acupuncture-and-herbs-alleviate-tinnitus

ーーーーー
この研究で使われたツボは以下の通りです。

TB21 (Ermen):耳門
SI19 (Tinggong):聽宮
GB2 (Tinghui):聽会
TB17 (Yifeng):翳風
KD15 (Zhongzhu):中注
SP6 (Sanyinjiao):三陰交
KD3 (Taixi):太谿
Wan Shun Yi (22.08, Master Tung’s Acupuncture):腕順一
Wan Shun Er (22.09, Master Tung’s Acupuncture):腕順二

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード