2016-11-07

骨粗鬆症にも鍼灸治療への期待が高まる海外レポート

元気なおばあちゃん
骨の生活習慣病として
知られる骨粗鬆症は、

骨の強度が低下して
骨折しやすくなる病気です。
わずかな衝撃で
骨折してしまう可能性があり、

それが原因で
介護が必要になってしまうこともあります。

骨粗鬆症は、
年齢を重ねれば重ねるほど
リスクが高くなります。

50歳以上の女性の
3人に1人が
骨粗鬆症を発症しています。

高齢になると
身長が縮むとよく言われていますが、

2センチ以上身長が縮んだ場合、
背骨の骨折の
可能性があるようです。
骨粗鬆症になると、
この背骨の骨折が
起きやすくなります。

骨折と聞くと、
強い痛みを想像されるかと思いますが、

この背骨の骨折に関しては、
3分の2の人が

自覚症状がないという
報告もあるようです。

ちょっとした動作にも
注意が必要になるので、

骨粗鬆症にならないような
予防をしておくことが大切です。

今回は、
そんな骨粗鬆症に、

鍼灸が効果があるという記事を
発見しましたのでご紹介します。

 

このように、
脾兪と腎兪が

結果を見せていることが
分かります。

この治療は、
予防方法としても、
今後生かされるといいですね。

高齢化が進む現代、

1人でも多くの人が、
骨粗鬆症になるリスクを
回避する方法として、

より多くの女性が
治療を受けれるといいですね。

まずは、骨粗鬆症にも
効果があるというのを
知っていただけたらいいですね。

引用:アメリカ国立生物工学情報センター 学術文献検索サイト(NCBI) 2006年6月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16817281

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード