2016-12-01

風邪の症状にも鍼灸が効果を見せています

風邪を引いた少女
だんだん秋も深まり
少しずつ寒くなり、

風邪やインフエンザの季節が
近づいてきました。
風邪の症状で
代表的なものと言えば

・発熱
・咳、のどの痛み
・くしゃみ、鼻水
・食欲不振
・頭痛

など様々ですね。

長引く風邪のような症状が、
ここ近年では、
マイコプラズマ肺炎などを

引き起こしていたという
ケースも少なくありません。

重度な疾患に
かかっている場合もあるので、

鑑別をしっかりすることが
重要ですが、

それ以外の
軽い風邪の症状に

鍼灸が効果があるという研究を
見つけましたのでご紹介します。
〜〜〜〜〜

風邪、インフルエンザ、急性へんとう炎、急性気管支炎の患者、57症例に対して鍼灸の治療を行いました。

治療後に、主な症状(体温、呼吸数、心拍数、血圧)を数値化して測定しました。

19の症例で、治療後に体温が摂氏1度下がり、主な症状のスコアが0.3まで下がり、大幅な効果が見られました。

27の症例で、治療後に体温が摂氏0.5〜1度下がり、主な症状のスコアは0.3~0.6と改善し、効果ありと判定されました。
これらの結果から、全体の効果率は80.7%となり、風邪の症状に鍼灸の効果があることがわかりました。
〜〜〜〜〜
全体の効果率をみると、
とても効果が高いことが
分かります。

今までは、風邪をひいたら
病院に行くのが
当たり前でしたが、

今後、鍼灸による治療も
普及してくるかもしれませんね。

投薬による、
対症療法でなく、

自然治癒力を高め
自らの力で回復を促すというのは

長い目で身体への影響を
考えてみると、

鍼灸治療というのは、
とても有効的な治療だと
考えられます。

年齢問わずに受けれる
鍼灸による治療。

今後の医療が
変わってくる日も
遠くないかもしれないですね。

引用:アメリカ国立生物工学情報センター 学術文献検索サイト(NCBI) 1992年12月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1291818

ーーーーー
この研究で使用されたツボ
Dazhui (Du 14):大椎
Fengchi (GB 20):風池
Quchi (LI 11):曲池

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード