2018-04-05

高血圧への鍼灸の可能性

高血圧への鍼灸の可能性(アメリカ)

アメリカの統計では、アメリカ人の約7千万人が高血圧だという結果が出ています。

これは成人のうち3人に1人の計算ですが、そのうちの約半数は薬で高血圧をコントロールできていないと言われています。 高血圧は、脳卒中や心臓病の原因として知られています。

適度な運動や投薬でコントロールすることができますが、すべての患者に効果があるわけではない上にお年寄りには投薬による副作用も報告されています。

そのため鍼灸が投薬の代替治療として注目を集めていますが、今までの研究では効果があるともないとも言い切れない状態でした。

今回の研究を主導したカリフォルニア大学アーバイン校のDr. John Longhurst氏は
「月一度の鍼治療によって血圧をコントロールできる可能性があります」
と言います。

今回の研究は65名の患者をランダムに2つのグループに分け、8週間、週に一度30分の鍼治療が行われました。

1つのグループは
・血圧を下げるとされている手首の内側とひざ下のツボ

もう1つのグループは
・ひじ下と足首のツボ

で施術した結果、後者のグループには血圧の降下は見られませんでしたが
前者のグループでは、『70%』の患者の血圧に改善がみられました。

平均して最高血圧で6〜8 mmHg、最低血圧で4 mmHgの降下が認められ、この効果はその後6週間持続したそうです。
また効果がでたグループの患者にその後6ヶ月間、月に一度の施術を続けたところ、さらなる血圧の降下がみられたと報告されています。

前出のLonghurst氏は
「この研究だけでは血圧降下剤をすでに投与されている患者に鍼治療が効くかはまだ不明だが、脳の血圧をコントロールする部分が鍼によって刺激されているのではないかと考えている」
と語っています。

マサチューセッツ総合病院のDr. Randall Zusman氏は
「この研究は患者の血圧の過去のデータや投薬の履歴が示されていないため不十分である」
と指摘しながらも、

「研究結果は非常に興味深く、鍼治療が高血圧に効果があるかもしれないという希望に満ちている」
としています。

引用元: http://goo.gl/2iyKco (リンク先は海外サイトです)

※当サイトの目的は、海外における鍼灸に関連するニュース記事、研究レポートを翻訳し紹介することであり、鍼灸等の効果効能を保証する、というものではありません。

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう