2016-04-03

女性レポーターが不妊治療に合わせて鍼灸を受けていることを告白

不妊,鍼灸,妊活,体外受精

今、海外でも不妊に対する
鍼灸治療が活躍し始めています。

こういった記事が広がって、
鍼灸がもっと普及していくことを期待しています。

この記事は、
全米で放送されている朝の情報番組「Today」の
女性レポーターである「Bobbie」の
不妊治療に関するものです。

彼女は以前から
不妊治療を行っていることを公表していました。

具体的な治療として、
IVF(体外受精)に加え
鍼灸やカッピングを行っていることを
番組内で紹介しました。

現在日本では、
6組に1組が不妊で悩んでると言われており、
その数は増加傾向にあります。

だいたい不妊治療の
開始年齢は平均で32歳といわれています。

しかし、年齢によって、
この不妊治療の成功する確率は
大きく左右されてしまうため、

この平均年齢は
妊娠できる確率を考えると
問題になってくるでしょう。
当時39歳だったはBobbieは
多くの不妊に悩む女性に

「鍼灸」という選択肢が
あることを知らせるため

自分の主治医と鍼灸師とともに番組に出演し
生放送中に鍼灸を実践しました。

「2回目のIVFの時に医師のすすめで
鍼灸とカッピングを追加したの。
その時に明らかな違いを感じたのよ。」

また、ニューヨークの
不妊専門医Dr. Sheeva Talebianは
鍼灸とカッピングについて
このように言っているようです。

「たくさんの患者が鍼灸とカッピングを受け
不妊治療のストレスや不安に対して劇的に効果がありました。
また薬の副作用を減少させる効果もあるんです。」

またBobbieは、
不妊治療の副作用についても話しています。

「私は今、朝晩のホルモン注射の真っ最中で、
さらに1日おきに病院にも通っているの。
だから薬のせいでいつも体がむくんでいる。
鍼灸をすると血流が良くなって
副作用に本当に効果があるのよ。」

このように、薬の副作用に対しても
鍼灸は効果があることがわかります。

そして、鍼灸には薬のような副作用もないため、
ストレスなく治療を進めることができます。

不妊治療では検査や薬の繰り返しで、
身体的にも精神的にも
ストレスになってしまうことがほとんどです。

鍼灸治療を通して、
同じ悩みでお悩みの方に
より良い効果が出ることを期待しています。

~~~~~

その後、Bobbie Thomasは
3ヶ月後の2014年12月に妊娠を発表。

翌年7月に無事に男児を出産しました。

全て鍼灸の力というわけではありませんが、
いろいろなストレスを抱える中で、

鍼灸によって、
副作用に対する症状の緩和や、
体質が改善されることが、

妊娠しやすい精神状態、身体状態に
導くことができたのではないかと思います。
Bobbie Thomasは
不妊と治療法の公表という勇気ある行動で
鍼灸における不妊治療へのかかわりを
身をもって示してくれましたように思います。

引用:TODAY Sep. 10, 2014
http://www.today.com/parents/acupuncture-cupping-what-bobbie-thomas-trying-help-her-pregnancy-quest-1D80136618

※当サイトは海外の鍼灸に関するニュース記事、研究レポート等を引用していますが、鍼灸等の効果効能を保証する、というものではありません。

この記事が役に立ったら「いいね!」してね

公式アカウントをフォローして更新情報を受取ろう

関連キーワード